お掃除お役立ち情報

トップページ > お掃除お役立ち情報

効率よくそうじするためには、汚れの種類を知って、それに合わせたそうじ法を選ぶのが一番です。

軽い汚れのうちなら、手間も少なく材質や環境への悪影響も防げて一石二鳥。

水まわりの代表的な汚れを紹介します。

汚れの基礎知識

水廻りの汚れって一度付着してしまうと、なかなかとれないものですよね。 かといって、乾いた雑巾で樹脂加工でできたトイレ蓋をふいてもキズになりますし、入浴剤や芳香剤によって目詰まりを起こしたり、変色してしまう事もあります。 そこで、リフレ福岡では、生活に役立つ豆知識を紹介していきたいと思います。 良いものを長く、綺麗に使えたらBESTですよね

汚れの種類について知ろう!

効率よくそうじをするためには、 汚れの種類を知って、 それに合わせたそうじ法を選ぶのが一番です。
軽い汚れのうちなら、 手間も少なく 材質や環境への悪影響も防げて一石二鳥。 水まわりの代表的な汚れを紹介します。

トイレのおそうじ

トイレは「汚れになる前にそうじをする」ことが大切。使うたびに、手の届く範囲をサッとひと拭きしたり、水を流しながらトレイブラシでこすったりを習慣にしてしまいましょう。特にこぼれた小水は、乾いてしまうと悪臭の元になるので、すぐ拭き取ってくだい。

基本の洗剤

洗剤を使うとき、場所によって使い分けてる方、たくさんいらっしゃると思いますが、いろんな種類の洗剤がたくさんありすぎて迷うことはありませんか? そこでまず、洗剤の種類や用途についてご紹介します。

基本の洗剤

ふだんの汚れは中性洗剤で十分ですが、 ひどくなると、こびりつきはクリームクレンザー、 水あかは酸性系、油汚れはアルカリ系…と 洗浄力の強いものが必要になってきます。 強い洗剤は、ラベルの注意書きをよく読んで使いましょう。

このページの先頭へ